« 【映画】ニューヨークの恋人 | トップページ | ドレスデンで電車に乗るときは… »

バスタブ怖い…

 所用でドイツのドレスデンにでかけていました。8泊+往復…。 日本を出るときには半袖で、向こうに夜中についたときには、半袖+ジャケット+うす手のコートでとりあえず空港からホテルまで行き、翌朝、ホテルの窓から通りを歩いている人の姿をみると、ダウンジャケット!… どうしようかと思ったのですが、長袖のブラウスとスーツ+夜はコートでなんとかかわしました。落ち葉がいっぱい走っていてまさに秋…だったのですが、日本に戻るとまた暑くて、また時計の針をもどしたかのようです。

 

 いろんなことがあったので、またぼちぼちとこちらにも書かせていただけたらと思います。飛行機の中で見た映画は、行きが「テルマエロマエ」と「愛と誠」とその他最後までいきつけなかった映画。帰りが「リンカーン 秘密の書」です。

 

 「テルマエロマエ」を見たのは、以前からいろんなかたからおもしろいとうかがっていたのと、機内で9月まで上映で、10月からは上映されないということだったので、行きに見ておかねば…♪と思ったからです。

 その昔のローマのお風呂デザイン家が、ひょんなことから、現代の日本にタイムスリップして、日本でお風呂を見てはびっくりして、それをまたタイムスリップして戻ったローマで活かし… それを行ったり来たりしている間に繰り返して… という中から、時を超えてかわらないものなどを描いていく…というもので、着想の勝利?というようなアイデア賞ものの映画でした。

 もう映画館での上映は日本でも終わっていると思うのですが、レンタルでご覧になられるかた… なーにも難しいことは考えずに、シンプルに楽しまれたいときにおすすめします。お風呂のお湯のように、さらーっとでもあたたかくて、よい感じの作品でした。

 

 で、その作品を見終えて、フランクフルトで乗り継ぎをしてドレスデンにたどりついたホテル…では、なんと素敵なバスタブ!がありました。

 ドレスデンでは、同じ市内で、最初の5泊と後半3泊で、ホテルをかえたのですが、最初の5泊のホテルは、ネットで部屋を予約するときに予約サイトに対して、ふみゅ?…と思うことがあったりもしたのですが、現地では、お部屋がアップグレードされていて、思いのほか快適に過ごせたので、”○!”としましょう。 そこのホテルは、大きなバスタブがあり、しかも、バスルームとお部屋の間が、よい感じに窓でつながっていて、テルマエロマエの世界がそこにあって!?びっくりしました。 

 

030

 サイズ、おわかりでしょうか。ゆっくり体を横たえると、ぶくぶくと沈んでいきそうなサイズでした。ちなみに、スウェーデンとかドイツとかで、4つ星のホテル程度だと、シャワーだけということがほとんどなので、バスタブがあって、しかもこの大きさ!は異例なのです。

 ちなみに、部屋から見る浴室は次のような感じで、窓のむこうに見えるのは、バスタブの横にある洗面台です。置かれかたがおしゃれでした。 

 

032

 

 … テルマエロマエに続いて、こんなバスタブのある部屋にチェックインして、その晩は幸せに… のはずだったのですが、去年、海外に出かける前に前泊したとあるホテルでバスタブですべってころんで肋骨をおって、痛みを抱えながら、でも病院に行くひまもなくてそのまま海外にでてしまったという過去ありで、それ以来、バスタブ恐怖症になっているので、今回も素敵なバスタブを目にしながら、まず思ったのは、”バスタブ怖い…” 

 … 落語で、大好きなおまんじゅうを周りの人からもらうために”まんじゅうこわい”と嘘を言っていっぱいもらうお話とは違って、本当の本当に”バスタブこわい”…であるだけに本当にひきつりました。

 

 でも、自分にとって、かなりハードルが高いことを初めてするためにでかけた場所で、こんなふうな、ちょっとした”わぉ♪”があることは、とてもありがたかったです。

 
 おそるおそる、足場をかためながらはいったりでたりしながら、お風呂って、やはり癒しにはとても大事だなぁと思いました。

 

 … いろいろなかたのお力を借りることができて、今回のハードルは、無事に越えられました。 ミッションが終わってからうつった2軒目のホテルでは、今度はシャワーだけでした。一泊当たりの料金はほぼ一緒であるだけに、なんだか幻が消えてしまったかのようでした。秋のドレスデンお土産話、少しまた続けます。

 とりあえず、ご無沙汰後の生存証明までに…。

|

« 【映画】ニューヨークの恋人 | トップページ | ドレスデンで電車に乗るときは… »

コメント

北のラッコさん、コメントありがとうございます。夏にさぼりすぎたツケで、戻ってきてからのTo Do リストがひどい状態になってきてしまっていて、ひぃはぁしておりますが、あまりにひぃはぁでぷっつんしてきておりまして(^_^;)… 気分転換にこちらの更新をしたくなりました。近々”きいてきいて♪”もどきで書かせていただきます。ヨーロッパの鉄道の旅、北のラッコさんのようにできるといいのですが…。鉄道の話、食事の話、レディファーストの話、街角の音楽の話… これらをこれからぼちぼち書かせていただきます。それから今度、新しい散歩道?を歩いてみたいなぁとも思っております。

投稿: 管理人ぴょん | 2012年10月10日 (水) 23時07分

お帰りなさい。
まずは無事のおかえりなによりです。
ちょっとした失敗に反応しました。
ぜひお聞かせください。
ヨーロッパ鉄道の旅・・・昔のことを思い出します。
またゆっくりお聞かせください。

投稿: 北のラッコ | 2012年10月10日 (水) 21時09分

山山さん、コメントありがとうございます。ホテルの場所は、それぞれに良さがあり、最初のホテルもいわゆる急行?が停まる駅のそばで、近くに会議場や、オペラ劇場などもあり、ビジネスにも観光にもよいところでした。次のホテルはターミナル駅の前なので便利です。たまたま最初のホテルがアップグレードされたからこれだけの差がでたのかもしれませんが、本当に大きな差でした。
鉄道のお話、リクエストいただきありがとうございます。今回は片道30分ほどの近場2か所に行ったことや空港まで鉄道でいったことなどだけなのですが、ちょっとした(?)失敗もしてしまいましたので、またそんな情報もあわせまして、書かせていただくつもりです。ターミナルで、いろいろな人の旅の光景をみていましたら、いつかふらーっと、鉄道の旅をしてみたくなりました。またぼそぼそと書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

投稿: 管理人ぴょん | 2012年10月10日 (水) 01時27分

凄いバスですね。
ほとんど同じ値段で、このようなバスのとシャワーだけのとがあるのには驚きです。
ホテルの場所の違いがあるのでしょうか。
移動は列車ですか。
もしそうなら、列車や駅の話も少しばかりお願いします(^_^;)

投稿: 山山 | 2012年10月 9日 (火) 23時23分

そふぁーさん、コメントありがとうございます。落ち葉が舞う秋のドレスデンは本当に素敵で、朝、まだ静かな街をひとりでぼーっと歩いたり、教会で音楽を聴きながら過ごす時間はしみじみとよかったです。戻りますと、しないといけないことが山積みであっぷあっぷしていますが、忘れないうちに観光情報などでもしかしたらどなたかのお役にたてそうなこともアップしておきたいし…と焦っております。(すぐ忘れるので…)
また、ぼちぼちとお読みいただければ幸いです。今度のバスタブは本当に長くて、バスタブが部屋にあった♪と喜ぶべきなのでしょうけれど、2軒目のホテルで、シャワーだけの空間を見たときに、ほっとしてしまう自分が悲しかったです。絶対怖くないバスタブ設置!というような謳い文句をみかけましたら、すぐそのホテルを予約してしまいそうです…。テルマエロマエを見ながら思わず、”お風呂は安全が第一…”とぼそぼそいっておりました…。

投稿: 管理人ぴょん | 2012年10月 9日 (火) 18時10分

おかえりなさいませ。ご無事で何よりです。
秋のドレスデン、素敵でしょうね。
お仕事もうまくいかれたようでよかったです。
ヨーロッパのホテル、数回しか泊まったことがありませんが、確かにこのバスタブの大きさはスペシャルですね。
お土産話、楽しみにしています♪

投稿: そふぁー | 2012年10月 9日 (火) 17時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【映画】ニューヨークの恋人 | トップページ | ドレスデンで電車に乗るときは… »