« 携帯メール苦手人間の救済 | トップページ | 【音楽】2CELLOS »

【本】エアバスA380を操縦する

 先月、リオデジャネイロに行くとき、成田~パリ間が、総二階の大きな飛行機で嬉しかった♪というお話を書かせていただきましたが、その大きな飛行機エアバスA380について、とても詳しく書かれている本が、”エアバスA380を操縦する”という本です。

 

 機長が書いている離陸から着陸までの本で、写真もいっぱいなので、さながらコクピットにいるような気持ちになれます。…が、とても専門的で難しく、私は、とてもとても操縦できそうにない…と、途中で難しいところはあきらめてしまいました。

 

 それでも大丈夫。ちゃんと機長が目的地まで運んでくれますから♪

 

 この本は、たぶんA380に限らず、そのほかの機種のコクピット用語にもいっぱい対応していけるのだと思います。

 ものすごーくひこーきが好きなかたにはお勧めします。 

 

 この本は、ずっと前にあるかたにプレゼントしていただきながら、感想を書く機会を逸してここまできてしまいました。 内容は私には難しいけれど、写真をみて、目に飛び込んでくるところを追っているだけでもわくわくします。プレゼントしてくださったかた、本当にどうもありがとうございました。

 

 子どものころの夢はパイロット(民間航空の機長)になることでした。

 パイロットをめざせなかった理由はいろいろでした。航空大学校の視力検査基準。絶対に突破できず…。それ以前に、自転車にも乗らせてくれなかった親が許してくれるわけもなく…など…。

 でも、 たとえそんなところをクリアできてもとてもとてもなれなかったなぁ…とこの本を手にして、やっとあきらめがつきました。 

 ひとつの夢にあきらめがついたら、ようやく次の夢に向かって動き出せるでしょうか…。

 

 

 

|

« 携帯メール苦手人間の救済 | トップページ | 【音楽】2CELLOS »