« リオデジャネイロへ(2) | トップページ | リオデジャネイロへ(4) »

リオデジャネイロへ(3)

 続きます。今回はホテル&通信事情編です。

 …ホテルについては、今回は特殊事情でした。コパカバーナという有名な海岸沿いにある、普通のホテルに宿泊しました。が、今回は、特別な時期でホテル価格は超高騰。… 

 もしも自分に選択権があるならば、ほかの地区を選んでいたと思うのですが、今回は自分に宿泊先の選択権はなく、よくあるインターネットホテル予約サイトで見る5倍以上?の値段を払っての、ツインのシングルユース…となりました。(号泣モノ)

 宿泊先のホテルはネットで評判を見る限りでは、ロケーション以外の評判はとても悪く、特に気になったのがインターネットアクセスが悪いという評でした。

 しかも、幸か不幸か、ほかの数人のメンバーのかたは皆、ホテルの旧館のほうだったのに対して、私だけは、改装された新館!… それならば、普通は喜ぶべきところなのですが、ブラジルが、昨年からコンセントの形状を変えたので、(詳しくは”ブラジル、コンセント”で検索されてください。)、この新館はその形状になっていたのです。 日本からもっていった多形状プラグでも対応できませんでした。

…同行のかたに、ちらっとお話しても、その不自由さの感覚は共有してもらえるものではありません。 自分の部屋でチャージしていいですよと言ってくださるかたもおいででしたが、疲れた一日のあとで…は気がひけまして。また、さらにインターネットアクセスも、旧館は無料。新館は有料。しかもアクセスがとても悪いのです。

 … 旧館にあるビジネスセンターのコンセントを使ってパソコンを充電し、翌日、会場(ここも新式のコンセントでした…)で、電池の持つ限りインターネットにアクセスをする… という日々を繰り返しました。

 電源の事情でパソコンが使えないということは、そこから電源をとってチャージする予定だった、デジカメも使えないということです。 デジカメ用のリチウム電池は、予備を持っていっていたのですが、なんと出発前のばたばたで、チャージを忘れていたようでした。(…確認したつもりだったのですが…)…これが忘れ物その1です。

 

 ただ、念のために持っていっていた古い乾電池で動くデジカメがありましたので、こちらでなんとか後半も写真を撮ることはできました。… 乾電池バンザイ。その1です。

 また、電源が使えないということは、携帯の充電器も使えないということです。が、こちらも乾電池式の充電器も持っていっていましたので、そちらで充電しました。… 乾電池バンザイその2です。

 … ホテルの部屋って、少しくらい古くても、電源が使えるほうが絶対にいいです。しかも今回は1週間の滞在でしたので、余計なところで、気持ちを消耗してしまいました。乾電池をいっぱい持っていっていたのがせめてものことでした。

 それから携帯電話は、ドコモを使っていて、日本で使っているものをそのまま持っていっているのですが、リオデジャネイロ到着後、数通メールを送ったあとで、なぜか突然、使えなくなってしまいました。FOMAカードに異常があって、携帯が使えないという表示がでるのです。

 PCでメールができず、携帯でもつながらない… ということで、この時は”孤”を感じました。他のことでしんどい旅のときって、つながっていたい人とつながっていることが大きな力になることを、これまでの旅でも味わっていただけに、携帯がどうしても使えない…というのはとほほでした。 

 ただ、夜、一人になって、もそもそと携帯電話の海外利用マニュアルを見ますと、電源を入れなおしてみると治ることがある… とのことで。祈るような気持ちでやってみますと、なんとまた動くようになりました!

 携帯の電波は場所によってずいぶん入り方が違って、同じホテルの中でも、今度は旧館部分はだめで、新館部分は使えるといった感じでした。

 それでもご存じのように、海外での携帯の利用はとても高いです。しかも、イマドキの携帯は、おせっかいにいろいろなインターネット情報につながるボタンがついていて、ちょっと間違っておしてしまうと…。 ということで、ブラジルでは海外パケ放題に一応しておきました。どれくらいどう請求がくるのか、まだわかりませんが…。

424

 今回の日々での一番の楽しみは、朝6時に、ホテルのレストランに開店直後にでかけて、ゆっくりコパカバーナの日の出を見ながら、ひとりでのんびり朝食をとることでした。 一日だけ、ちょっとにぎやかな日本からの団体さんがこのホテルに滞在されていて、違う雰囲気の朝となりましたが(この特別に値段の高い時期に、観光旅行でここに一泊?…とびっくりしました。)、ほかのときは、静かな朝でした。

 そうそう、忘れ物…ですが、どこかに旅行するときには、ホテルにどれだけアメニティがついているかいないかわからないので、とりあえず、歯ブラシ、シャンプー、リンスなどは最小限持っていっているのですが、最近は、歯ブラシがついていないところが多くて、今回もついていませんでした。 歯ブラシは持って行っていたのですが、歯磨きが小さなチューブひとつだけ。1泊分しかありません。旅先用チューブを忘れていっていまして、これはなんとか現地で調達しました。… 忘れ物その2。

 それから、忘れたのは、ファンデーションに口紅。でがけまで使っていた化粧品類です。日頃からお化粧に関する意識が薄いのですが、さすがに全部忘れたのは(基礎化粧品は、小さな見本品を詰めておりましたが)初めてでした。 忘れ物その3。

 

 たまたま、行きがけのパリで乗継時間が長く、暇をもてあまして、”次の買い換え用”にと買ったファンデーションと口紅がありまして、それを早速旅先で開くことになりました。

 

 それから、忘れたのは、読もうと思って買っておいた本です。天地明察を読みたくて、旅の少し前に買ったのですが、とにかくあわただしいパッケージの中で、すっかり忘れていました。… 忘れ物その4。鞄の中には、前回、前々回の旅にも持参して、まだ読み終わっていないミステリーの本が上下入れたままになっていました。

 …ああ、今回は、長々と、あれがない、これを忘れたというお話ばかりになりました。すみません。 次回は、少しラッキーだったお話を書きます。とぅびぃこんてぃにゅー。

|

« リオデジャネイロへ(2) | トップページ | リオデジャネイロへ(4) »