« 【旅】たまて箱の旅(2) | トップページ | 【読書】人生の収穫 »

【旅】たまて箱の旅(3)

 JR最南端の駅、西大山駅の風景を少しだけご紹介します。

 

 

028_2

 … 有人駅では、この駅の二つ前の山川駅が最南端だそうで、列車からも、山川駅にかかげられているそういう看板を目にすることができました。

022

 一方、西大山駅は無人駅で、駅舎らしい駅舎もなにもなく、それだけに駅とは思えない解放感があり、開聞岳までののびやかな光景に癒されました。

 指宿~枕崎線の途中の駅なので、ここまで南下したあとは、北上していくわけですが、この駅では2分間停車…となっているので、乗車している人が多すぎなければ、降りて記念撮影をして、またそのまま2分以内に乗って…というのも十分に可能で、実際にそうしておいでの人も何人もおられました。

 

 駅前?にある、つけものやさんには、絵葉書をはじめとしたものが売られています。ここで絵葉書と切手を買って、駅前の”黄色のポスト”に投かんしてみました。自宅に2通送ったのですが、なぜか別々の日に届いたのは、不思議なご愛嬌でしょうか…。

032

 タクシーで、この駅に来られて、記念写真を撮っておいでのかたもおいででした。でも、やはりここは列車で来るほうが風情があるところかも…。

 

 … あまり写真をアップしすぎますと、その場に行かれる楽しみを損なってしまうかもしれませんので(映画で言うネタバレ?)… 一番素敵だなぁと思った光景ほかはアップしないでおきます♪… 

 私にはきっと長く忘れられない一日です。

 どこにせよ、いつにせよ、よい旅、よい一日は、さながら、あるときはハードに、あるときはタイトに続く日々の中で窓を開けて新しい風をいれるかのようです。時には、こんな旅に…と思わずにいられませんでした。

 

 今回は、禁断の箱を開け?いっきに何十歳と年を重ねてしまったかもしれませんが…?

 <以上でこの旅のおはなし、おわります>

|

« 【旅】たまて箱の旅(2) | トップページ | 【読書】人生の収穫 »