« 【読書】はやぶさ、そうまでして君は | トップページ | 【読書】悪女について »

エベレスト

 ここ何年か、テレビからどんどん遠ざかってしまっていたのですが、年末に紅白を見て、 イマドキ…を少し垣間見てびっくりしました。 一番印象に残ったのは、レディ・ガガさんとそのバックで踊っていたかたがたのクオリティです。 

 それで、そのときに、2日夜に、”エベレスト”があることにも気がつき、これは見たい♪…と思いました。

 NHKのハイビジョンでエベレストの頂上から、下界?を…という登山についてのドキュメンタリーで…。エベレストという山へのアプローチなどがわかりやすい内容でした。が、うーん… うーん… うーん。

 

 エベレストに関する映画としては、IMAXのものが忘れられず、正直なところ、今回の番組は、うーん… でした。きっと、ほかのかたちで編集されるに違いない、いわば今回はメーキングだと思うのですが。(あ、ちなみ、このうーんは、あくまでも、エベレストについての番組としてです。あそこまで機材をあげてでもつたえたい…という熱意には敬服しています。)

 

 それで、忘れがたい”エベレスト”をまた時間を見つけてみてみようと思います。(パソコンでしか私はこのDVDを見ることができないために、ちょっとハードルが高いのです。)

 

 … 昨晩テレビで見たものに感じた、なんともいえない違和感は何だろう?と考えていたのですが、それが”音”であると気が付きました。

 たとえば、エベレスト山頂からの映像を流す時に音楽が一緒に流れるのですが、あの世界、あの場に音楽がある…という違和感を感じたのです。あそこで音があるとすれば、人の呼吸の音とかではないかと。

 

 …音といえば、テレビで流れる音で一番違和感があるのが、”人が笑う声”です。…番組の中身によって、テレビのこちら側で、笑ったり共感したりするものではないのかしら… と思ってしまいます。 むかーし、アメリカのドラマなどで(奥様は魔女とか?)、笑い声が流れていて、それにも不思議な違和感がありましたが、そこで笑っている人を画面としてみるというのはもっと不思議な感覚なのです。ふーみゅ…。

|

« 【読書】はやぶさ、そうまでして君は | トップページ | 【読書】悪女について »