« 【映画】マイネームイズハーン | トップページ | 【映画】ミレニアム3  »

【映画】レスラー

 今日は涙ぽろぽろ…。これは花粉症のせいではなく、レンタルDVDで見た映画「レスラー」のせいです。

 プロレス界での往年のスーパースターが年を重ねてなお、リングに立ち続け、スーパーでの仕事とともに細々と生計をたてながら生きているのですが、ダンサーに片思いしても、お客さん扱いされるだけ。ほったらかしで疎遠になっている娘からも拒絶され、本当にさびしいばかりです。それを必死に、自分が頭をさげること、へりくだることを厭わずにして、変えていこうとする彼の様子から、ただただ切実に、人は一人で生きていくことができないのだと感じます。

 自らの体を傷つけ、血を流し、お客さんにせいいっぱい楽しんでもらえるようにとリングで頑張る彼。いろいろなことを、思わずにいられませんでした。

 最後のほうのラウンドのシーンはまともに見ることができませんでした。

 最近、冬眠モードになっていまして、映画も本もいろいろと当たり続きでなんだかうれしくて、このままずっと冬眠していたい…と思うほど。

 

 プロレスといえば、私の中ではやはり伊達直人さん、タイガー・マスク… を思い描かずにいられません。子どものころ、その影響で?少し見ていた中で、ビル・ロビンソンさん、ドリー・ファンク・ジュニアさんなどのお名前がふっと思い出されてきました。もうお顔もなにも覚えていないのですが。プロレスって、ドラマを作り上げるショーでもあったのですね…。この映画を見て初めて知りました。

 …となると、相撲だって? あれは、スポーツなのか、演技なのか…と考えると…。

 

|

« 【映画】マイネームイズハーン | トップページ | 【映画】ミレニアム3  »