« 【映画】サイコ | トップページ | 東京大好き♪ »

【映画】風が強く吹いている

 久々に、見入ってしまった映画に出会いました。

 日本映画”風が強く吹いている”…です。三浦しをん氏の原作を以前あるかたから薦められていて買っていたのですが、最初のほうで止まっていたままになっていました。

 ほかの探しものをしていてふっとこの本が読みかけになっていることに気が付いて、そういえば…と、映画のほうをレンタル屋さんでみかけていたことを思い出し、借りてみたわけです。たまには眠る前にホラー&ミステリー以外も見ないと♪

 かんせい大学にもうすぐ入るホームレス青年カケル(走って書いてカケル)が、食事つきの格安アパートにさそわれたことからはじまる…(実は水面下ではずーっとその前からはじまっていた) プロジェクトX… が、アパートの名リーダー、ハイジによって進められていくものがたりです。

 アパートの住人はこれで、大学生10人。10人そろうと何ができるかというと…。

 監督付野球チームができます。

 休憩要員あり麻雀、二卓ができます。

 ゴールキーパーぬきのサッカーができます。

 アガサ・クリスティの”そして誰もいなくなった”の劇ができます。

 …そして、恒例の大学生箱根駅伝にチャレンジできます。

 それこそが、ひざの故障で一度は走れなくなったハイジの夢だったのです。

 

 でもアパートの住人住民の中には走りと縁遠いマンが大好き王子や、司法試験にまでもうとおってしまっている人や、クイズ大好き青年キング。ニコチン中毒のものなどがいます。そんな彼らが、走れるというのでしょうか。そして予選に出場できるのでしょうか…。

 この10人がはたしてどんなふうに箱根駅伝にかかわっていくのか…それはぜひ映画をごらんいただけたらと思います。気持ちのよい映画でしたので、もうあれこれ書くことなしにおすすめしたいと思います。

 

 …10人の学生それぞれのキャラがしっかり表現されていて、無駄なく無理なくまとめられている思いがけない習作でした。カケル君ほか、かっこいいイケメン君もたくさんでしたし映画鑑賞後に本を手にとると、おもしろいようにページも進みました。

 私が心にしみたのは、最後のほうでの、一人ひとりと、ハイジくんとの会話です。

 特に、自分がカケルになったかのようにフィードバックするお話でした。

 

 

 こんなおはなし、どこかで見た気がする…と考えてみますと、藤子不二雄さんほかの漫画家のひとたちが集まっていた”トキワ荘”というアパートのことを書いた、”まんが道”という作品や、医大生の青春を描いた”ヒポクラテスたち”を思い出しました。どちらも忘れられない作品です。

 ちっともスポコンらしからぬところがとてもよかったです。

 お正月は箱根駅伝をテレビでみてみたくなりました。

  …ところで、この映画のロケ地… 当地もそのひとつで、エキストラ募集の広告などがあったことを記憶しているですが、なぜに当地で?だったのか… 登場している場面をみていても不思議でしかたありません。

 必然なきロケ地のような気がしてしかたありません…。

|

« 【映画】サイコ | トップページ | 東京大好き♪ »