« 【旅】のんびりが一番… | トップページ | 【映画】サイコ »

【映画】縞模様のパジャマの少年

 衝撃的な、そしていろいろと考えさせられる映画にであいました。”縞模様のパジャマの少年”という作品です。

 ナチスの高級将校を父にもつ少年が、父の転勤によって、引っ越しした先で、不思議な”、パジャマ”を昼間から着ている人にであいます。 ナチスの強制収容所の所長として就任した父の仕事の内容を知らない彼は、フェンスごしにかたるようになった同じ年の少年と、友達になっていくのですが…。(レンタルDVDにて)…

 ”シンドラーのリスト”をはじめ、ナチスの収容所などのことを描いた映画は深い物が多いと思いますが、この作品は、これまでにみたことがない切り口で、これまでにみたことがない切り方で、さまざまな深部を表現していました。

 ラストは衝撃的で、そして鑑賞しおわったあと、そこにいたるまでに起こったことの意味がどんどん押し寄せるようにあらためてつながっていきます。

 すべての登場人物について、非常によくいろいろな意味をもって描かれていた作品で、本当にすごい作品だと思いました。原作の本があるようなので、読んでみたいと思うのですが、ラストの衝撃のことを思うと、まだ見終えてまもない今は手をだせません。

 映画のタイトルの意味の深さが怖いほどの作品でした。

 

|

« 【旅】のんびりが一番… | トップページ | 【映画】サイコ »