« 【映画】しあわせの隠れ場所 | トップページ | 【旅】18時間の札幌(前編) »

【映画】この天の虹

 ”この天の虹”という1958年制作という古い映画を、リバイバル特別上映?(3日間だけ)で見ました。

 環境モデル都市などに指定され、環境の街北九州の昔を知る映画であるということと、それから私の好きな市民オケの出発点がこの映画への出演であったということで。

 木下恵介監督による作品で、笠智衆さんはじめ、懐かしいかたがたのお若い姿をいっぱいみることができました。当時は四大工業地帯の一角をしめていた鉄の街、北九州。八幡製鉄所の操業、福利厚生、人間模様などが描かれていて、ネットで検索していますと、”社会科見学映画”と書かれていましたが、まさにそんな感じで。

 大人の社会科見学で、ここまでの社会見学もできる映画というのはすごいと思いました。

 三角関係の行方などで、なかなか難しい選択が用意されていたりもして、将来性か人間性か… など、現代の婚活にもつながる映画かと思いました。

 あのころの女性って、こんなにも積極的で強かったのかと、びっくりしました。

 もし、この映画のタイトルをどこかのイベントで目にされることがありましたら、おすすめします。

 最近は”大人の社会科見学”という言葉をよく目にし、実際、私もそういうことが大好きなので、そんな意味でもこういう映画はとても興味深かったです。あんな会社、こんな会社…あんな工事、こんな場面… もっともっとこんな映画を見てみたくなりました

 ”アポロ13”のブルーレイのメーキングを見ながら、これもまた大人の社会科見学みたいと思ったり。

|

« 【映画】しあわせの隠れ場所 | トップページ | 【旅】18時間の札幌(前編) »