« 【映画】ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 【映画】ナイトミュージアム »

動いたり止まったり~時計のおはなし

 ここ1カ月ほど、困っていることがあります。

 それは、動いたり止まったりすることです。腕時計が。

 入浴時以外、ほぼ一日24時間、一年365日、腕時計をしているので、(寝ている間も腕にしています。朝、メガネなしの状態では目覚まし時計をみることができませんから…)私にとって、腕時計はまさにからだの一部。それだけに質実剛健機能重視実用本位でメンテナンスも楽な国産で選んでいます。

 ところが、1か月ほど前から、それが、動いたり止まったりするようになりました。

 あれ?と思いますと、時間があっていません。でも動いてはいます。私が気がつかないうちに止まって、また気がつかないうちに動きだしているようです。

 でも、そんな状態では、“時計”としては機能しないわけです。

 ちょうどスウェーデンにでかける直前に起こってしまい、時計屋さんにとんでいきました。時計屋さん曰く、“これは磁気をおびているからこんなふうになるのです。メーカーに修理依頼して、磁気抜きをしてもらうこともできますが、多少時間がかかり、費用もかかり、また、それでもなお、その後ちゃんと動くかどうかはわかりません。”

 …とのこと。要は買い替えを薦められているわけです。出発前は体調不良もあって、そんな余裕はありません。とにもかくにも動くには動いています。いつどう止まるかはわかりませんが。そこで、とりあえず、空港で1500円のキーホルダー型の小さな時計だけ、念のために買っていき、携帯の時計とこれでなんとかなる…という体制ででかけました。

 ”今でしたら、電池交換不要タイプもたくさんでていますし、電波時計で時間をあわせることもありません”…と某メーカーのものを薦められるのですが、うーん…どれもデザインが好きになれません。

 国産の他のメーカーが、実は昔から好きで、そちらのものを…と思うのですが、好きなデザインのものは電池交換が必要ですし(←私はそれでもかまわないのですが、店員さんは強力に電池交換不要のものを薦められます)…なによりも、どこでどう磁気がまわりにあるかわからないので、磁気に対するプロテクトの強いものを…とお店の人にたずねますと、女性用ではそんなものはありませんと言われてしまいます。

 カタログを2社分もらって、見比べてみているのですが、どれも帯に短したすきに長し。

 時計って、案外、選ぶのが難しいですね。

 セカンドオピニオン…ではありませんが、他の時計屋さんも2つまわってみたところ、あるお店のかたが、いわゆる時計職人さん…で、古い手巻き時計も修理できるといわれるのです。

 … 実は、こんな時計トラブルのときには、他のちょっとおしゃれなタイプ??の時計か昔から使っている手巻きの時計に切り替えてしのいだりしています。こちらは、ねじを巻き忘れると止まってしまうのですが、ねじを巻きさえすれば、また動きます。動いたり、止まったり…でも、ぜんぜん意味が違います。

 いざというときに使っている手巻き時計以外にも、自分が持っている時計の中で一番好きな手巻きの時計(高校時代に買ってもらったものです)があり、、それはなんとなく時間があいにくくなっていてずっと使っていなかったので、修理にだしてみることにしました。

 修理代は正直なところ安くはないのですが、大好きな時計が蘇るのであれば♪… また、そんな職人さんの技で治していただけるうちに…と、お願いしました。その時計屋さんでは、磁気をおびた時計(以下磁気おび君)のほうもサービスで磁気抜きしてもらえることになりました。

 数日後。…手巻きのほうは見事に元気復活。 磁気おび君のほうも、とりあえず磁気はぬいたとのこと。

 うまくなおってさえいれば、新しい時計を買わずに済みます♪

 

  …

 

  …と願ったのですが、昨日になって、また磁気おび君が、動いたり止まったりはじめました。ああ、やっぱりだめなのですね。

 手巻きの時計は、ねじをまきさえすれば順調に動きますが、私の持っている手巻きちゃんはいずれも革バンド。夏には辛く、日々の酷使に耐えさせるのも、なんとなくしのびないので、やはり、質実剛健実用本位機能重視タイプを買うしかないかなと思っております。

 それにしても軟弱?な磁気おび君に比べて、手巻きちゃんたちのなんとたくましく美しいことか。

 時計屋さんで、中を見せてもらった時に、その中の美しさの違いにも驚きました。

 またそんな、機械式の時計を開けてみられた時の時計屋さんの表情も素敵でした。

 学生時代に使っていた古い時計ばかりですが、今でも使える手巻きの時計をしみじみと、なぜてしまいます。皆様の机の中にねむっている時計などございましたら、今が動かすチャンスかも…。

 

 結局、新しく買わねばならぬ気配たっぷりの質実剛健実用本位機能重視のイマドキ君の後継君選びと、手巻きちゃんたちの修理代で、とほほながらも、納得の出費?であります。

 動いたり、止まったり…。

 時計騒動の日々です。 

|

« 【映画】ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 【映画】ナイトミュージアム »