« 【読書】テストパイロットインジャパン | トップページ | 【DVD】FBI 失踪者を追え! »

【DVD】それぞれの空に

 ずっと見たかった映画を連休にレンタルしてきました。”それぞれの空に”

 ”遠い空の向こうに”など、空とつくとすぐ借りてしまう…わけではないのですが、この映画を借りたかったのは、ずばり、ジャケットに、ティム・ロビンズさま☆…があられたからです。

 ふふ☆ 内容はノーチェックで、ただただ、ティムさま主演の映画…というだけでレンタルしました。

 でも、イラク戦争に行き、傷を負い、30日の休暇をもらった男女の兵隊と、そして軍隊での時間を終えてこれからはまた家族と…ということで帰還したティムさんの3人のロードムービーは、心に沁みいるものがありました。平和ボケしているといわれる日本ですので、その中で、どれほどまでに受けとめきれているかどうかは自信がありませんが、それでも、どんな想いで戦場にあったか、そしてどんな想いで帰還したか、そしてどんな想いで次の生活を考えたか、そして結局どんな想いで次の日々を選んでいったのか。

 言葉にできない胸の痛みを感じずにはいられませんでした。それはラストになればなるほど、だんだんと現実的な痛みとなりました。意外な佳作…でした。ミーハーな想いだけで借りたというのははばかられるほどです。

 戦争に行くということ。戦争に送り出すということ。そんな人々とともに国にいるということ。考えさせられずにはいられませんでした。

 …世界中にはいろいろな国があるものです。 なんだか…とため息をつきたくなるような報道ばかりを目にする昨今。 空を見上げたくなりました。

 

 … 大学に行くことの重み… 少し前に、”アメリカの貧困”という本を読んで、アメリカで大学に行くということがどれだけ経済的にも大変なことなのかを知ったばかりでしたので、このお話の中身と重なって、考えさせられました。  

 そうそうティムさまはあいかわらず素敵でした…。

|

« 【読書】テストパイロットインジャパン | トップページ | 【DVD】FBI 失踪者を追え! »