« 【読書】スケーターワルツ | トップページ | 【映画】愛を読むひと »

【ドラマ】BONES

 急に時間貧乏になってきて、またばたばたと過ごしていて、映画に行けず、映画のDVDも見れず…になってきてしまったのですが、そんな日々の癒し?になっているのが、夜寝る前に見る海外ドラマ”BONES”です。

 以前にも書いたかと思いますが、法人類学者テンペランス・ブレナン、骨から科学的に事件を解決していく女性、通称“ボーンズ”と、その相棒で、FBIの特別捜査官を中心に、土壌や昆虫を専門にする大富豪の研究者や、“骨に肉が残っていたら私の領域”という研究者などがいるジェファソニアン研究所で、“骨”から犯罪を解いていく物語です。

 各おはなしの冒頭にまず、“骨”の発見現場と、ひゃい…と思わず身をひいてしまうような骨の状況がでてまいりますし、途中で、またうわぁ…(たとえば、遺体を食べてしまった虫をミキサーに入れてドロドロにして、その後、食べてしまったものの成分分析をするなど…)と思ってしまうところもたびたびでてきますので、そういうものが苦手なかたにはおすすめできませんが、そういうものがとても苦手な私でも、一瞬身をひきながら、シリーズとしては見てしまうのは、私はこのドラマに出てくる主要人物のストーリーが好きだから…だと思います。特に、BONESと呼ばれるブレナン博士のキャラは大好きです。

 シーズン2まで見て、新作明けを待っていたのですが、ようやく準新作?になり、最近は、ウォーキングのついでに一本ずつレンタルしています。今、シーズン3の後半にきています。だいたい、ぼーっと見ているだけなのですが、先日ふっと、キャスティングを見ていましたら、懐かしい名前を見かけてびっくりしました。ライアン・オニールさん… あの”ある愛の詩”のオリバー・バレット4世役ででていた彼が、でているのです。…あ、どうりで、この顔、どこかで見た記憶があると思ったわけだと、ボーンズの父親役さんを見ながら思いました。今後の展開が気になる家族模様の中心人物となっています。

  知人に、BONESを見ながら寝るの…と話しますと、”あんなものを寝る前に見てうなされない?”と言われるのですが、ちっともうなされたりすることもありません。ドラマの進行のあっさり感がきっと自分にあうのだろうと思います。 ちょっと最初は覚悟をしてご覧になってと… おすすめします。

 

ちなみに、「ある愛の詩」は… 愛とは決して後悔しないこと … というせりふと、テーマ曲などが、とても印象的だった映画です。

|

« 【読書】スケーターワルツ | トップページ | 【映画】愛を読むひと »