« 【読書】ミシェル・オバマ | トップページ | 【読書】ノーザンライツ&旅をする木 »

【映画】人生に乾杯!

 老後の生活。とても年金だけでは暮していけません。これだけは…と妻がとても大事にしていた思い出深いダイヤのイヤリングもさしださなければいけなくなり、夫もとうとう、愛車「チャイカ」を繰り、銀行強盗をはじめます。…意外や意外。その展開はいかに?

 ハンガリー映画で、とても粋な映画を少し前に鑑賞。「チャイカ」という車は、昔のソ連製の車?のようですが、本当にあんなにすごい馬力があったのか…? いやはやすごいカーチェイスでした。最初は、銀行強盗にあって呆然とした窓口の女性も、そして世論も、年金で食べていけない社会的現実から、この夫婦を応援していく様子もまたさわやかで、彼らを追う警官たちの人生もからめて、ほろ苦いスパイスの効いた映画にしあがっていました。

 ラストは、かなり驚き、思わず眼をみはり、口をぽかーんとあけてしまったのですが、ここはネタばれになるので我慢して、そのまま口を閉じようと思います。ハンガリー映画というのは、あまりなじみがない(というか記憶にほとんどない)のですが、セリフのひとつひとつ、フラッシュバックされるシーンのそれぞれに、感じるものが無理なく無駄なく込められている作品でした。

 マイナーな映画?で、上映館は少ないかもしれませんが、もしどこかで機会がありましたらとおすすめいたします。 世は選挙モードとなっている某国にあり、幸せってなにかなぁと考えたり、それがどうしたら得られるのかなぁと、鑑賞後にふっと小首をかしげて考えたくなる映画かもしれません。

|

« 【読書】ミシェル・オバマ | トップページ | 【読書】ノーザンライツ&旅をする木 »