« 【映画】アポカリプト | トップページ | 【映画】めがね »

【スラムドッグ$ミリオネア】

 舞台はインド・ムンバイ。4択クイズの一問一問に正解を重ねるたびに賞金が飛躍的に増えていくけれど、”さらに”をめざして、間違えてしまったら、それまでのものが水の泡になるというクイズ番組。

 そのクイズ番組で、スラム出身で、まともに学校に通うことすらなかった青年が大金をとってしまい、”ばんなそかな・・・”と、いかさまを疑われて警察に取り調べられてしまいます。その青年は、なぜそのクイズ番組にでようとしたのか、なぜ、それだけ正解を重ねていくことができたのか…。警察の取り調べの中でその理由を青年が語っていくうちに物語が進行していく、今年のアカデミー賞受賞の「スラムドッグ$ミリオネア」を見てまいりました。

 原作の”ぼくと1ルピーの神様”が、とてもおもしろかったので、映画の公開を楽しみにしていました。また、なんといっても、舞台がインドなのですから。

(ちなみに、原作の感想はこちらです。

http://ecoecomat.way-nifty.com/blog/2009/03/post-0c08.html

 …原作とはずいぶん違っていましたが、それでも映画は映画としての長所を活かしていたと思います。インドのスラムを言葉で表現するのは難しいけれど、映像では、そのままに見せられます。また、インドの映画のメッカ、ハリウッドをもじってボリウッドといわれるムンバイ(元の名前がボンベイ)を舞台にしているところ、またそのインド映画のスター、アミターブ・バッチャンを冒頭のシーンに入れているところ、そして、最後のシーンに至るまで、インド人の監督によるといったようなインド映画ではないのに、インドの映画エッセンスもふんだんに入れてあるところがおもしろかったです。

 主役を演じた青年デーヴ・パテルさんは、ムンバイで発掘された俳優さんではなく、イギリス生まれなのだとか。すごくたくましい感じ…などではなく、“負け犬”のような雰囲気の青年を…ということだったそうですが、“負け犬”という言葉がふさわしくない気がしました。とてもよい感じでした。”遠い空の向こうに”の、ホーマー青年に似ている気がしました。そのほかのキャスティングもとてもよかったです。

 また、インドの映画といえば音楽が命…でもあるのですが、この映画の音楽もよかったです。

 貫かれていることは、”愛”。そして”運命” そのシンプルさが、またよかったと思います。最後まで、はらはらします。いろいろなかたにおすすめしたい映画です。が、この映画に興味をもたれましたら、ぜひ原作も読まれてみてください。より複雑なインドを、原作のほうではよく表現されています。

 …本当に。満足なような、物足りないような、ちょっと複雑な感想なのです。

 …自分の人生の中で忘れられない経験の中に、まさにこの映画の舞台となったムンバイで、人身売買の被害者で、売春をしていくしかない女性たちと、その子どもたちとあったこと… が、あります。まさにスラム…といえるようなところで、ほんのわずかな時間でしたが、その女性たちからいろいろと話をきいたり、子どもたちと一緒に映画音楽にあわせて踊ったりしたことが忘れられません。まさにこの映画にでてくるようなスラムの中でのことでした。

 そして、この映画にでてくるタージマハールの近くでは、わざとに傷つけられたとしか思えない、不自然に手足が曲がった子どもたちが物乞いをしていました。

 さらにこの映画にもでてくる、ムンバイのセントラルステーションでは、圧倒されるような人の波の中で、いろいろなドラマが見えました。よくあの人ごみの中で、探し人を見つけられるなぁ…と、この映画の中の設定にびっくりしたりしつつ、あの駅を懐かしく思い出していました。

 ほんの一部にしか過ぎないにせよ、この映画は、よく切り取っていたと思います。

 ああ、この映画については、書くときりがなくなりそうなので、またどこぞ別のところで…ということでこれくらいで…。

  

 ちなみに、この映画で貫かれていたのは、”愛”。そして、”運命”。このうち、運命については、映画の中では、”destiny”という言葉が使われていました。インド出身の知人は、よく”fate”といいます。そこで、この映画をみたあと、この知人に国際電話をかけてきいてみましたら、fate よりはdestinyのほうが、明るく希望があるものなのだと言われていました。なるほど…です。 その”destiny”のストーリーのせいか、映画を見終えたあとは、明るい希望をもらった気がしました。

 でも、アカデミーで8部門も受賞しているこの映画が、私が住む地区のシネコンでも、たった一か所しか上映されていません。…ほかの映画の公開状況に比べて、なぜこんな状況が起こるのか不思議でしかたありません。

 うーん。…

|

« 【映画】アポカリプト | トップページ | 【映画】めがね »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【スラムドッグ$ミリオネア】:

» オレならこう撮る ― 『スラムドッグ$ミリオネア』 [夢のもののふ]
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire 出演:デーヴ・パテール フリーダ・ピントー アニル・カプール 監督:ダニー・ボイ... [続きを読む]

受信: 2009年4月21日 (火) 22時02分

« 【映画】アポカリプト | トップページ | 【映画】めがね »