« 【コミック】深夜食堂(1~3) | トップページ | 【映画】イエスマン »

【読書】火山はすごい(鎌田浩毅氏)

 昨晩、テレビのニュースに続く番組まで、なにげにテレビをつけっぱなしにしていましたら、”鎌田浩毅”さんというお名前のかたがきこえてまいりました。え?…と思って見てみますと京都大学教授で、火山が専門のかたとのこと。

 …#%&$(”!(’&%$#)…(←文字化けではありません。絶句で火星人語になってしまいました。)

 …自分が好きな本の著者はどんなかたかとは時々思ったりするのですが、まさかこんな形でお姿拝見するとは思ってもいませんでした。また、それが、実に芸術的というか個性的なファッションのお姿で。

 …数年前、島原に旅行に行った時に買ったのが、この著者による”火山はすごい”~日本列島の自然学という本です。阿蘇山、富士山、雲仙普賢岳、有珠山、三宅島という日本の代表的な火山のお話にからめまして、火山のメカニズム、噴火予測のことから火山学者の仕事まで、広くわかりやすく語られている本で、その夜、宿でいっきに読んでしまうほどに読みやすく興味深い本でした。

 早速、そのころ書いていたホームページで紹介し、その際に鎌田先生の研究室のページへのリンクをさせていただけたらと思い、そのサイトの“メール”のところから、リンクおねがいメールをさしあげましたら、先生ご自身からとても丁寧なメールをいただき、感激した記憶があります。2通ほど、やりとりをさせていただいたでしょうか…。そんな小さな思い出でも、本に付加される思い出があると、なんとなく楽しい気持ちになれるものです。

 それで、ずっと、自分に一番近い本棚の中の前面のほうに置いていた本を、昨晩久々に手にとりなおしてみました。まだ、少ししか読みなおしていないのですが、やっぱりわくわくします。

 テレビ番組(ソクラテスの人事…というタイトル?)の中ではちょっと不思議なキャラ?的に登場されていたこの先生に興味をもたれたかたも、また、火山に興味を持っておいでのかたも、ぜひこの本は…とおすすめいたします。

 ちなみにこの先生は火山の本の他にもいろいろな“理系”本なども書かれています。文章方程式…という本も読んでみました。

 

 … ここ2年、妙にまた”かざん”に関わりを持ってしまっていまして、その奇縁を考えながら眠りについた昨晩でした…。

|

« 【コミック】深夜食堂(1~3) | トップページ | 【映画】イエスマン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】火山はすごい(鎌田浩毅氏):

« 【コミック】深夜食堂(1~3) | トップページ | 【映画】イエスマン »