« 【旅】サグラダ・ファミリア(昼) | トップページ | 【映画・旅】ハッピーフライト »

【旅】おみやげ(スウェーデン編)

 …今日の拙ブログにおいでくださったかたの検索ワードで、”ノーベル賞 チョコレート”というものがあったので、はて?と思っていましたら、なんでも今年の日本人ノーベル賞受賞者のかたがいっぱい買われていて、それが話題になっているのだとか。

 007 ノーベル賞の受賞晩餐会に出されるチョコと同じものを”ノーベル博物館”(数日前のブログに書きましたが)で買い求めることができます。今回、私もこのチョコレートを買ってきました。(もちろん受賞者の先生のようにたくさん買うことはなく、少しだけですが…)

 以前、夏に訪れたときには買って帰らなかったのですが(日本の夏は暑いので…)夏以外のおみやげには、チョコレートというのは、やはりポピュラーかもしれません。

 ちなみに、空港などで、よく売られているチョコレートでおすすめは、「geisha」というチョコレートと、ヌガーチョコです。

 013

この”geisha”はもちろん、日本の“芸者”からきているようで、扇のマークが箱に入っていたりします。最初、スウェーデンの人に教えてもらったときにはびっくりしたのですが、日本へのお土産には話題性?もあってこれをよく買っています。味で一番好きなのは、Wiener nougat チョコです。ゴディバのようなブランド品チョコではありませんが、気軽に美味しく楽しめます。実はこのどちらもがフィンランドのメーカーのチョコレートなのですが、フィンランドだけではなく北欧で一般的に売られています。

012  

 

 そのほか、こんなチョコもあります。スウェーデンの王室のかたがたの写真が載ったチョコレートです。これは中もおいしいです。

 20070302_103

 それから、とても重たくなったりするのですが、スウェーデン土産の直球…といえば、やはりガラス器だと思います。オレフォルス、コスタボーダ(共にスウェーデンの王室御用達)…といったメーカーは日本のデパートでも少し売られていますが、やはり本場では品ぞろえが豊富で、本当にユニークな作品もいろいろです。ただ、重い…ですが。

 キャンドルホルダーなどでは、お手頃価格もありますし、ペンダントなどの装飾品もあります。スウェーデンの人にきくイチオシは、やはりこのガラスのようなので、旅行をされたときには、ぜひどこかのガラスショップはのぞかれてみてはいかがでしょう? 空港でも少し売られています。

 キャンドル文化の国だけあって、キャンドルをともした場での輝きは本当にきれいです。

 そのほか、ダラーナという馬の柄のものや、トナカイ柄グッズ、マイバッグなどでおもしろいものをみつけられるかもしれません。

|

« 【旅】サグラダ・ファミリア(昼) | トップページ | 【映画・旅】ハッピーフライト »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【旅】おみやげ(スウェーデン編):

« 【旅】サグラダ・ファミリア(昼) | トップページ | 【映画・旅】ハッピーフライト »