« 【映画】レッド・クリフ | トップページ | 【映画】いのちの食べかた »

【読書】(前略)アメリカ人の生活と英語

 ”外交官の父が伝える素顔のアメリカ人の生活と英語”…という本をなにげなく手にしたのですが、これがなかなかおすすめの一冊でしたので、ご紹介を。

 著者は、外務省の参事官をされている小原雅博氏。…外交官として、長年アメリカに住んだ著者が、その息子と娘のために書きためていたノートから生まれたとされる本は、アメリカ人と日本人の相違点を浮き彫りにするとともに、○○人というようなものを超えた、普遍的な、一人の人間、一人の親としての立場から、自らの人生で感じ、整理してきた想いが書かれています。その内容にまず非常に共感しました。

 なかにちりばめられている著名な人の言葉や格言にも、心揺り動かされます。(反応はひとそれぞれだとは思うのですが。)

 また、この本のおもしろいところは、その内容を、英語で語るときにとても重宝となる、まさに“使える単語”が紹介されていることです。

 外国の人と、何かを話すときに、一番話題の中で必要とするような単語などが入っている気がしました。これは、受験英語の単語集やTOEIC系の本ではこんなふうにかかかれないものではないかと思います。しかも、その単語や、イディオム、文章が、少しもしつこくなく、本当にすーっと日本語の文章の中に入ってきていました。まさに、本当にこういうことを会話してきたかただからこそ…の絶妙の間というものを感じました。

 人生の感じ方の整理をするによし、アメリカを知るによし、本当に使える、会話のための単語を知るにもよしで、一粒で3度美味しい本でした。

 唯一の難点は… 書名が長いこと。…タイトルに書ききれなくて、とうとう”前略”と表記してしまいました。

 

|

« 【映画】レッド・クリフ | トップページ | 【映画】いのちの食べかた »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】(前略)アメリカ人の生活と英語:

« 【映画】レッド・クリフ | トップページ | 【映画】いのちの食べかた »