« 【映画】最高の人生の見つけ方 | トップページ | 【映画】ことの終わり »

【読書】夢をかなえるゾウ

 ゾウの鼻をしたガネーシャという神様が突然やってきて、how to live の指南役となるというこの本。…いろんな人からこの本の話題をふられたことから、読んでみました。

 まず私は、相手の人のことを”自分”…と呼びかける話し方をきくのが苦手なほうなので最初のほうは、とってもひいてしまい、しばし苦戦していたのですが、最後はいっきにページが進みました。巷にたくさんある人生の指南書と同様の内容ではあるのですが、神様にかたらせ、古今東西の神様、仏様、偉人さまたちが全部お友達か教え子かになってしまうところがすごいところです。こんな切り口もあるのだなぁとその点に感心した次第です。

 ガネーシャといえば、インドでとても愛されている神様で、ゾウの鼻のついた顔と、ぷっくりのおなか(イマドキの表現方法でいくと、メ●ボ??)…がトレードマークですが、絵などで見る表情はけっこう真剣で真面目なものが多い(それはもちろん、神さまですから・・・)だけに、この本のノリには苦笑しました。

 ちなみに、先日ひょんなことから手にしてとてもおもしろかったコミックでは、世紀末を無事にかわしたキリストさまと仏陀さまが、ほっとひといきつこうと?一緒にこの時代で同居して…というもので、どちらもこんなふうに神様を…とびっくりしました。

 もったいない、もったいない…。と思いながらも、特にこのキリストさまと仏陀さまはとてもよく描かれていて、おすすめの一冊です。

 

 ということで、ガネーシャさまに導いてもらった知恵で、夢を少しでもかなえていけるように頑張りましょう。

|

« 【映画】最高の人生の見つけ方 | トップページ | 【映画】ことの終わり »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】夢をかなえるゾウ:

« 【映画】最高の人生の見つけ方 | トップページ | 【映画】ことの終わり »