« 【映画?】QUEEN ライブ cine sound ver. | トップページ | 【観劇】闇に咲く花 »

【映画】ミス・ポター

 ”ピーター・ラビット”の絵本、あるいはナショナル・トラスト活動…で有名なイギリスの絵本作家、ベアトリクス・ポターさんの半生を描いた映画、“ミス・ポター”をあるかたのおすすめでレンタルDVDで鑑賞しました。

 見る前は、あのピーターラビットのイメージそのままに、”かわいらしい映画”、あるいは、美しい自然を描いた雄大な映画…と思っていたのですが、どうしてどうして、見方によってはかなり骨太の、女性に求められる生き方とは? 女性が求める生き方とは? また、男性はそれにいかに関わっていくのか? と考えさせられる映画でした。

 “お金持ちで家柄のよい男性と結婚すること”が、母から与えられた至上命題。そんな人生にYESを言わず、自分で絵本作家の道を開いていくポターと、彼女が出会った男性、そして女性たちが、さながら絵本の中から飛び出してくる兎のようにいきいきと描かれていました。特に主演のポターさんの目の表情に釘づけになっておりました。

 ナショナルトラストの運動を起こしえたのも、なるほど、この自由な発想とパワーとこのサポーターさんがいたからなのか…と、映画を見て思いました。また、人の生涯とはどこでどうなるかわからないもので、その皮肉さを思うとき、自分の中での折り合いをどこでつけるか…も考えさせられました。最後が少し唐突に終わって、少々あっけにとられもしたのですが、この映画のタイトルが、“ベアトリクス・ポター”でもなければ、“ポター”でもなく、”ミス・ポター”なので、これで十分なのかなとも思った次第です。

 気持ちをゆったりもつことができる場所の大切さを痛感するだけに、彼女のナショナルトラスト活動には、本当に頭が下がります。人生をこんなふうに使えたらどれだけ幸せだろうかと思いました。

 ああ、それにひきかえ、自分はなんと無力な無為徒食かと…。昨日は、岩盤浴にでかけました。ずいぶんと長く行っていなかったのですが、なんとなく体を中からきれいにしたくて。また、照明を落とした静かな空間で、静かな音楽を聴きながら、ぼーっと寝そべっている時間で、心を元気にしたいと思いました。さらさらの汗をいっぱい流し、今日は体が軽くなった(体重は岩盤浴では変わらないのですが)気持です。せめて少しでも何かと思うばかりです。

 ところで、絵本といえば、タイムリーにイベント情報が入ってきました。来月(2008年10月8日~13日)、北九州市の、山田緑地というところで、”もりの絵本カーニバル”があるそうです。内容は、絵本展、絵本コンサート、絵本紙芝居、絵本のお話し会などなど。山田緑地入場料100円は必要ですが、この絵本展自体の入場料は無料だそうです。午前10時から午後4時まで。お近くのかたは行かれてみませんか?

 私は、子どものころはどちらかというと絵本は苦手だったのですが、大人になって、好きな本に出会うようになりました。”ふしぎな三にんぐみ”とか“ビッグ・オーとの出会い”とか、ちょっとひねった本や、”きつねのおきゃくさま”のように素直に泣ける本が好きです。

 “ミス・ポター”をみて、またふっと絵本に手がのびています。ポターさんが買った土地の秋の景色はさぞ美しいだろうと想いをはせながら、この地でも、もう秋だと感じはじめています。

 

 本も読んでみたくなりました…。

|

« 【映画?】QUEEN ライブ cine sound ver. | トップページ | 【観劇】闇に咲く花 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ミス・ポター:

« 【映画?】QUEEN ライブ cine sound ver. | トップページ | 【観劇】闇に咲く花 »