« 【観劇】明石原人 | トップページ | 劇団四季:ライオンキング »

【ドラマ】CSI・NY

 警察の科学捜査チームモノのドラマを、最近ときどきレンタルするようになったのですが、3、4本、レンタルすると、なんとなくマンネリ化を感じてしまうのも正直なところでした。無理もないですね。連続ドラマというのは、”毎週、○曜日の○時”のお楽しみであり、1週間のうちにリフレッシュされて、忘却もされて、期待もまたふくらんで次の放送にのぞむはず。それを、レンタルして何話も連続して見ていくということは、チーズケーキと、ガトーショコラとイチゴのショートとマンゴーパイとフロッケンザーネをいっきに食べていくようなもの。

 もったいないといえばもったいないことです。

 それで、実は食べ疲れてしまった感をいただき、しばらくはこういうレンタルもやめようと思って返却にいったときに、ふと目に入ったのが、「ゲーリー・シニーズ」という字でした。☆%$#&‘’&%$#… (←文字化けにあらず。目は点になり心も天にとんでいった気持ちのあらわれです☆♪ きゃー☆)

 わぉ☆… あのかたがこんなところに♪ しかもこんなにたくさん見ることができるなんて♪…といっきに元気になり、つい一瞬前までの食傷気味発言などどこ吹く風…で、”CSI・NY”(1、2話分)をレンタルしてしまいました。

 真面目で働きすぎのチーフ役に、シニーズ氏はぴったりはまっておられて、”アポロ13”で宇宙に行けなかった時以来の表情も健在で、私にしてはもうそれだけで満足の作品になっていました。

 でも事件自体はかなり過酷です。あまりきつい映像はなしに描かれていますが、いろいろと見ていて辛いと感じました。”NY”とつくだけに、あの日にからんだエピソードが出ていて、その内容にも胸がつまりそうでした。そんな辛さがあるせいか、うーん、何かひとつ、自分が欲しているものがそこに無い…気がしているのですが、それが何かがよく自分でもわからないままです。それでも、私にしては十分すぎるガトーショコラです。

 いくら美味しいケーキでも、いっきに食べすぎないように、少しずつ…少しずつ…味わっていこうと思います。

 ここしばらく、気持ちがおもいっきり後ろ向きで、五月病?というのかどうかよくわからないのですが、何もまとまったことができなくなってきています。外出も必要最小限にしています。(本当はお散歩によい季節なのに…)。一番ひどいとそれを感じるのは、気分転換に映画館に行ってみようと思っても、そこまででかけて2時間を見る…と考えるだけで気持ちが萎えてしまうこと…。

 テレビドラマと映画ではいったいどこが違うのだろう?…と思うのですが、今はテレビドラマ(…それも放送しているのを見るパワーはなく、レンタルDVDになっているものをマイペース)しか見ることができなくなっていて、わずかな窓として残されたテレビドラマをありがたく思っています。

 自分自身がそんな状態だからでしょうか、なんとなくこの作品の中の科学捜査のかたの”お疲れさま”な表情に親近感をいただいてしまうからかもしれません。 まだ2話しか見ていないのでわからないのですが、心の疲労感を共有できる作品なのかも…と思いました。

 なにはともあれ、あのゲーリー・シニーズさんをいっぱいいっぱい見ることができる…。それに驚いた嬉しい出会いでした。真摯な紳士は本当に素敵です…☆ みーはーをして五月病を治していけたらよいなぁと思っています。

  ちなみに、ゲイリー・シニーズさん出演の映画ではこういう作品がありました。しみじみ…。

|

« 【観劇】明石原人 | トップページ | 劇団四季:ライオンキング »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラマ】CSI・NY:

« 【観劇】明石原人 | トップページ | 劇団四季:ライオンキング »