« 東京おのぼりさん♪(1) | トップページ | 東京おのぼりさん♪(3) »

東京おのぼりさん♪(2)

 東京旅行一日目は人、人、人…でした。まず出発地の空港は、いつもにない大混雑。飛行機も確かに満席状態でしたが、いつも以上に見送りの人がすごく多いと感じました。

 機内では「出発予定時刻になりましたが、まだ90名のかたがセキュリティチェックを終えられていませんので…」というような出発遅延のアナウンスがあり、結局30分遅れで出発となりました。

 最初の目的地は上野の国立科学博物館。上野駅の改札あたりからはすごい人、人、人…で、まず、目が点になってしまいました。

 上野には、以前何回も行っているのですが、こんなに人が多いのは初めてで、これは桜に誘われてのことでしょうか。公園の桜は満開でした。

 科学博物館では、3人それぞれに見たい分野が違うので、待ち合わせの時間だけ決めてあとは一人一人での見学。でも、とても限られた時間では足りず、ここはいつか一人でゆっくりまる一日、いてみたいと思いました。

 隣の西洋美術館は、二兎を追うものは…と最初からあきらめていたので、玄関前の彫刻だけを見て、アメ横へ。

 ここは師走模様で必ず紹介されるスポット。実際、ここにはどれくらい、どんな品が、いくらくらいで売られているのかを見てみたいとコースに入れたのですが、ここはまたすごい人で、一歩前に進むだけで大変でした。映画で見たイギリス海軍の士官が着ていたセーターが売られていて、それを買いたいとふっと思ったりしたのですが、人の多さに圧倒されて、終点まで結局何も買わず。品物を見る気持ちのゆとりもなく、結局人の流れにのって歩いたのも同然でした。とほ。

 その後は、湯島天神ほか、ドラマやドキュメンタリーでおなじみのスポットを歩いてまわったのですが、上野の喧騒が嘘のように静かな道を歩くことができ、あれも東京、これも東京…とびっくりしました。

 夜は東京タワーへ。…”夜景を見るには少し早すぎるかも”…といいながらでかけたのですが、なんのなんの…。チケット売り場までにもまず行列が長く続き、タワーに昇ったときには、ほどよい夕暮れになっておりました。さらに上の展望台まで行ったころには、しっかりと夜景の時間でした。展望室に公衆電話があり、またいろいろな人が携帯で電話をかけていて、なんとなくそうしたくなる気持ちがわかる気がしました。東京タワーは、なぜかとても庶民的というか、なんというか・・・。キッチンというよりも台所。ママというよりもおかあん…。まさにそんなところなのだと思いました。

 雨模様の夜景ではありましたが、それがかえってソフトフォーカス?になっていた気がします。コーヒーとケーキでゆっくりと時間を過ごしたあとは、下に降りて、蝋人形館へ。昔、ロンドンでマダム・タッソーに行ったことを思い出しました。すごく似ている・・・と思う人形と、???…が混在していましたが、”最後の晩餐”の人形化などはおもしろいアイデアだと感じました。

 帰路、ライトアップされた東京タワーを振りかえると、昼間のタワーとは違うイメージでしたが、それでもどこか、やっぱり”東京タワー”。共通している感覚がありました。

 帰路は、コンビニの数の多さに驚くことしきり。やっぱり東京は人の多い街なのだとそんなところから実感しました。また、東京は、覚悟していたとはいえ、本当にいっぱい歩く街。…歩き疲れて、よれよれで一日目が終わりです。

 こんなお話につきあってくださるかた、ありがとうございます。続きます…。

|

« 東京おのぼりさん♪(1) | トップページ | 東京おのぼりさん♪(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京おのぼりさん♪(2):

« 東京おのぼりさん♪(1) | トップページ | 東京おのぼりさん♪(3) »