« 【映画】大停電の夜に | トップページ | 【回想輪廻】11人いる! »

【映画】007 カジノ・ロワイヤル

 花粉は眠り粉。いろいろな悪さもするようで、ようやく見た映画の感想を、一生懸命書いたのに、アップしようとすると全部消えていてショック…でした。気をとりなおして、でも、もう長くもう一度書くパワーはなくて、凝縮タイプ?で感想を…。

 ボンド役の俳優さんが変わったことと、007が誕生するころのストーリーということで、見てみたかった作品をようやくみることができました。

 ずいぶんと変わったと感じました。まず冒頭シーン。以前は、ひとつのストーリーがそこでできていた感じだったのですが、え?これだけ?という感じで過ぎました。そこにあった華麗さ?のようなものはなく、ある意味質実剛健なイントロでした。

 映画は、途中で、これはポーカー映画?… かと思うほどの展開になり(もっとも、それでこそカジノ・ロワイヤルですが)、急に賭博つながりで“スティング”を思い出したりしました。これまでの007役の俳優さんでしたら、これまた華麗な賭博場でのシーン…になっていたかと思いますが、今回の007役、ダニエル・クレイグさんなればこその雰囲気で、ここに違う意味でのよい緊張感が流れていたと思います。ここも質実剛健ですね。

 ストーリーは、これでもか、これでもか・・・というほどの裏切りの連続。予測不明の展開で、そのあまりの裏切りに観ていてつらくなりました。でも、これこそが、007が007になるために必要な”誰をも疑え…”というところを体感するために必要なところだったのでしょう。どこまでも落ちていくような不信感が、まさに無限地獄。”インファナル・アフェア”の世界を思い出しました。(インファナルアフェアとは、落ちていく地獄が違う気がしましたが)

 ところで、…途中で、007の肉体が出てくるシーンがあるのですが、質実剛健な肉体でした。…でも、正直なところ、私は、俳優さんは、衣類を身につけてくださっているほうが、安心して見られます。…実は今、気になっている映画があるのですが、私の好きな俳優さんのそういう(どういう?)シーンがあると教えていただき、これは見ることをあきらめそうです。(・・ブログでこの件を教えてくださった管理人のかた…もしここを読んでくださっていたら、その後、あわあわして、さらなるコメントをどう書いてよいのかわからず、失礼を重ねていること、ご理解とともにおゆるしください。コメントへの返信を読んでのち、あせあせっ…しております…。)

 それから、数々のアクションシーンも印象に残りましたが、今回は、爆破系が多く、これも質実剛健?。大技多い中で、その結果がとても繊細かつ大胆なものにつながる、ベネチアでの“水”を使ったシーンに感服しました。これはすごいと思いました。私の中では一番の見どころになったところでした。

 また、その中で、ボンドガール役が、エヴァ・グリーンさんですが、実に美しい…。今回の役どころはこれまでのボンドガールさんとは違う難しいところがあったと思いますが、それを見事に演じていたと思いました。ある時は弱く、ある時は強く…。女性の本当の強さ、弱さをいろいろな場面でみることができました。ボンドと彼女との心のあやも複雑で、自分だったらどうしただろう?といろいろと考えてしまいました。  

 …裏切りにつぐ裏切り…で、むごさとせつなさとが交錯しました。こんな想いをしてまで、どうして、彼は007として、働き続けなければいけないのか?… その答えが、私はまだ見つけられません。

 エンターテイメントとして十分に楽しみながらも、ずん…と感じるものがある007でした。

 

|

« 【映画】大停電の夜に | トップページ | 【回想輪廻】11人いる! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】007 カジノ・ロワイヤル:

« 【映画】大停電の夜に | トップページ | 【回想輪廻】11人いる! »