« 【DVD】四谷くんと大塚くん | トップページ | 篠田正浩氏の講演会 »

【映画】アイ・アム・レジェンド

 アスファルトの間から雑草が高く伸びる無人のニューヨーク。そこを走り抜けるのは野生の鹿たちの群れ…。そしてそこに一匹の犬を連れた男が、ひとり、サバイバル生活をしていました。

 なぜそんな事態になったのか? 彼はどんな人間なのか? ほかの人は? …

 その謎は、それから順に解き明かされていきます。人類最後のひとり…かもしれないその男をウィル・スミス氏が演じる”アイ・アム・レジェンド”を見ました。全く予備知識なしで、ちょうどたまたまぽっこりシネコンの近くで時間が2時間ほどあいたので、そこにすっとはまった映画としてこの映画に出会ったわけですが、映画館で映画を見るのは本当に久々のことで、もう飢えて?乾ききっていましたので、そんな意味では少しこの映画とつながるところありやなしや?と思いました。そして、その男の敵になったのは、ある病に冒された人間たちなのですが、それがまるで高速で走るゾンビ。…ライフラインはどうかとかいろいろと気になるのでサバイバル映画はもともと大好きな上に、また実はこっそりかわいく思っているゾンビ系映画だったので、偶然に入ったとはいえ、あまりの自分への適合度?にびっくりしました。

 でも、 前半はとてもよかったのに、後半になるとなぜか急に、すべてが制作側の都合よく展開してしまい、それが残念でした。…え? それはあまりにいーじーでないでしょうか?… というようなところが多々あったのです。

 でも、その反面で、ひとりで長く生きてきた人間が、どういう風になるかという点などはよく描かれていて、また、最後のほうででてくるベーコンのシーンには、本当によくいろいろなことが込められていると思いました。それだけに、後半全体のご都合主義が悔やまれます。もう一度後半だけ作り直せたらいいのに…とさえ思いました。

 …とこんな感想をもっと詳しく今朝書いていたのですが、なぜかアップしたはずのものが表示されなくて、結果的に全部消えてしまって、ああ残念…。同じ映画の感想を2度書くのはかくも難しいことかとこれを書きながら思いました。

 ということで、朝は一生懸命書いたのに、今はかなりはしおっている…=前半は頑張ったのに後半はだれてしまった… この映画をぶつぶついえない気がしながら、この感想をアップします。

 …それにしても、走るゾンビ系は怖い…です。

|

« 【DVD】四谷くんと大塚くん | トップページ | 篠田正浩氏の講演会 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】アイ・アム・レジェンド:

« 【DVD】四谷くんと大塚くん | トップページ | 篠田正浩氏の講演会 »