« 【読書】生物と無生物のあいだ | トップページ | 【読書】灰色の北壁 »

【読書】探偵ガリレオ

 東野圭吾氏「探偵ガリレオ」を読みました。引田天功さんのマジックのような派手な事件の謎を、デンジロウ先生ののようなイメージの物理学者が探偵役になって解いていく、キテレツ大百科を思い出すようなお話でした。

 とても作品の構想としての着眼点がよいと思うだけに、もうちょっと、キュッとスリムアップできたらよいのに…というのが素直な感想です。人物造形の淡さと事件の派手さのアンバランスさが、もしかしたらそんな感覚を、私の中で引き起こしてしまっているのかもしれませんが。

 文庫本の最後の解説が、この”ガリレオ”博士のモデルとして作者がイメージしたかたによって書かれています。この解説が、妙によかった気がしています。

 映画のあとのエンドロールで席を立たれませんように…というのと同様に、どうぞこの解説までお楽しみを…と思います。

 なお、この本の感想を書きながらついくちづさんでしまうのは、やはり、この曲です。Queenの”ボヘミアン・ラプソディ”♪ でありました。

 

|

« 【読書】生物と無生物のあいだ | トップページ | 【読書】灰色の北壁 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】探偵ガリレオ:

« 【読書】生物と無生物のあいだ | トップページ | 【読書】灰色の北壁 »