« 【映画】ユーアーマイサンシャイン | トップページ | 【読書】社会科見学に行こう! »

【映画】ブラッドダイヤモンド

 クリスマスプレゼントでいただいたDVDをようやく鑑賞できました。”ブラッド・ダイヤモンド”というアフリカを舞台にした、ダイヤモンドの密輸をめぐるストーリーでした。

 アフリカの内乱。搾取される人、搾取する人。武器の資金源になるダイヤの裏取引。そして、内乱のために引き裂かれる家族。兵士として人を殺すことをも教えられてしまう幼い子どもたち…。 

 ダイヤの密輸出にからむ元傭兵をレオナルド・ディカプリオさんが演じます。本当はこれまであまりディカプリオさんは好きではなかったのですが(外見的理由?)…この映画での演技にはとても惹かれました。特に、最後のほうにいくにつれて、内にある悲しみと希求するものが非常によく表現されていて、ラストのところでは、涙がとまらなくなってしまいました。

 一番衝撃的だったのは、少年兵として洗脳されてしまった息子の反応のシーンであり、そんなふうに子どもを戦争に巻き込んでいる世界があることがたまならい気持ちになりました。

 ダイヤモンドというと、“永遠の愛の証”としてよく語られますが、そのダイヤがどんなふうに女性たちの指にまで届いているのかを思うと、単に”ピュアで美しいもの”というだけでなく、深いさまざまなものを含んでいるからこそ(もちろん、元素記号で書くと、単に”C”ですが)価値あるものと認識されるのかもと思いました。

 私は、自分の誕生石でもあり、好きな石ではありましたが、これからはまた見方がかわりそうです。

 途中、すごく辛いシーンなどもあったのに、またあのシーンを観たい…とそんなふうに見たくなる映画でした。今年最初の一本に、こういう骨太の映画をみることができてよかったです。人を想うことが心にしみました。

|

« 【映画】ユーアーマイサンシャイン | トップページ | 【読書】社会科見学に行こう! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ブラッドダイヤモンド:

« 【映画】ユーアーマイサンシャイン | トップページ | 【読書】社会科見学に行こう! »