« 海外での携帯電話利用(とほほ) | トップページ | 【映画】ハンニバル »

【読書】ワーキングプア

 ”日本の社会は欧米に比べて、やりなおすチャンスが少ない機会ですね・・・。”先日、ある外国のかたとお話していてそんなことを言われました。”高校に入って、大学にいって、就職して、定年まで同じ会社にいて、年功序列であがって、退職後は、退職金と年金で不安なくすごす”…このルートにのって、それを歩み続ければOK。でも、その道からはずれたり、もしくは違う道を選択したら、少なくともこの道には戻りにくい。

 …そんなお話をしたあとだったので、「ワーキングプア」日本を蝕む病 ~NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班・編 ポプラ社刊 を思わず手にとってしまいました。

 働かないでいる。働こうとしない…。そんなわけではなくて、本当に一生懸命働くのに、明日はと知れぬ日々。社会構造のいびつさのクレパスを見る思いでした。NHKスペシャルで放送されたとき、一部だけ見ていたのですが、番組をみてない部分のお話もまた鮮烈でした。ひとの誇りについて考えさせられました。

 どこからどうこの糸をほぐしたらよいのか。…。この本の状況とは少し違いますが、自分もまたある意味でワーキングプアです。それだけに、また別の意味で見るひずみがあります。がんばった人ががんばっただけ、正当に報われる。どこからでもリスタートがきれる。そんな日本にはとてもすぐにはならないと思いますが、どこかをかえていかないと、この国の将来はどうしようもなく足元がすかすかの国になってしまうと思いました。

 今日は、熱が出て、予定をキャンセルして、ごろごろと・・・。そんなときに読むにはしびれるように寒く、重い本でした。

 プアになったのは、この国自体…。そんな声を知人からもききました。国も必死にならなきゃ…ね… と、ショーシャンクの空にの中の主人公アンディのセリフをふっと思いだしたりしました。頑張って生きるか、頑張って死ぬか。…でも死ねませんもの。国は。

 明日からは私も年内ノンストップ。今晩は早くやすんで、早く元気になりましょう…。

 

|

« 海外での携帯電話利用(とほほ) | トップページ | 【映画】ハンニバル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】ワーキングプア:

» ワーキングプア [転職のススメ]
ワーキングプアって言葉知ってますか? 働く貧困層って言って、働いても働いても暮らし向きが楽にならないことを言うのですが、だから、転職を考えるんですよね このワーキングプアと転職の関係、こんな意見もあるので参考にどうぞ 働いても働いても暮らし向きが楽に...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 21時49分

« 海外での携帯電話利用(とほほ) | トップページ | 【映画】ハンニバル »