« 【映画】武士の一分 | トップページ | 【映画】ピアノを弾く大統領 »

【読書】ノーフォールト

 ヒトの病気、ヒトの生死に、医師やそのほかの医療関係者はどこまで責任があるのでしょう…。

 大学病院勤務の女性産科医が、深夜の当直時に行った緊急帝王切開。緊迫した状況を先輩医師の助けでかわしたものの、その後事態はさらに深刻に。過酷な勤務の中で、ひとり息子との時間もろくにとれず疲れきってしまう女医は心身ともにぼろぼろに。そんな中での裁判で、また激しく糾弾されてしまいます…。彼女の魂は再生されるのか? また裁判の行方は?… 産科をめぐる過酷な現状を現役の医師(大学教授)が描いたサスペンス、”ノーフォールト” (岡井崇氏著・早川書房)。

 そこにあるのが当たり前…のように書かれている専門用語。門外漢でわからないものはぴゅんぴゅんと飛ばし、まるで自分が深夜に病院の廊下をかけていく人になったかのようにいっきに読みました。

 …相当の傾斜角で医師サイドから書かれているため、終盤には、ちょっとそんな疲れを感じてしまい、「でもね」「でもね・・・」???…といろいろと心の中でつぶやいてしまったのですが、それでも医療現場の実情をきっとたぶんそのままに描いているお話なのでしょう。緊迫感にあふれた本でした。

 最近は、産科の医師のなり手がいなくて、大きな総合病院でも産科が閉鎖になったり…というニュースをよくききます。搬送先が見つからずというニュースも。でも、その一方で、妊娠中の定期検診を一度もいかないままにお産を…という人も増えているとか。

 どうすればこの問題は解決するのでしょう…。訴訟の制限? 労働条件の改善?(これができるならばとうに…) 医療施設の集約化? それとも…。この本を読んでいると、ヒトはどうしてこんなに子どもを産むことが大変なのだろうかと、そんなことも思ってしまいました。

 自分が生まれてからここまで、自分や家族が関わったりお世話になった医療関係者のかたのことがいろいろとフィードバックしてきました。

 自分がかかりたい医師とはどんな人なのか…。そんなこともいろいろと考えさせられました。また、医師とは、正面から向き合えばまたなんと大変な仕事かとも。

 あまりに不自然なほどの弁護士が出てきたりで、ちょっと自分の中で、この本と向き合えるまでに一瞬の間をおいてしまいましたが、いろいろなことを想起するきっかけになった本でした。

 子どものころからずっと私の主治医?だった人の言葉が思い出されました。

 ”医者は、人の生き死にをどうこうなんてできないんだよ。ただ、その人に定められたものにちょっとだけ手を貸すだけ。そばにいて大丈夫だとといってあげるだけ。病から治ったとしたら、それは医者の手柄ではなくて、その人自身がそういう星の下にあったんだよ。救えないことだって星の数ほどある。でも、この業についた以上、自分にできることをやり続けるしかないんだよ。”

 何人かの、忘れられないお医者さんに心からの感謝を…と思います。

 

|

« 【映画】武士の一分 | トップページ | 【映画】ピアノを弾く大統領 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】ノーフォールト:

« 【映画】武士の一分 | トップページ | 【映画】ピアノを弾く大統領 »