« 【読書】チャングム(1)宮廷編 | トップページ | 【映画】プラダを着た悪魔 »

【映画】壬生義士伝

 義とは何なのか? この映画をご覧になられたかたはどう思われたでしょう…。 

<おはなし> 幕末期に、家族の生活を守るために脱藩し、新選組の一員となった吉村貫一郎(中井貴一)は、その中で異彩を放っていました。彼は家族のために生き残りたいと望み、はたからみると守銭奴にみられるほどにお金に執着し、それを国元のしづ(夏川結衣)や息子に送っていました。

 新選組でもうひとり異彩をはなっていたのが、斉藤(佐藤浩市)であり、彼は当初、虫の好かぬヤツ…とみていたよ吉村を切ろうとしたりもしましたが、やがて彼の腕をみとめ、ある意味でよい同僚でありました。彼はまた、ぬい(中谷美紀)という女性を見受けして、共に過ごしていました。 

 時代の流れに翻弄され、明日の処し方もわからないようになり、ついには争いの中で吉村は傷つきます。そして、彼の幼友達大野(三宅裕司)が長をつとめる藩の大阪屋敷に姿をみせるのですが…。

 <感想> 中井貴一氏、佐藤浩市氏らの演技もよかったし、映像からは某元首相の言葉以上に鮮やかに「美しい国 日本」を感じ、また音楽も心にのこりました。後半ではかなり涙もこぼしました。…とてもみごたえのある映画だったと思います。でも、ひとつだけ、どうにもよく理解できなかったのが「義」とは何か?という点です。

 私がゆらぎなく、考え方についていけたのは、”大野”という主人公の幼馴染の行為だけでした。一番わからなかったのは、中井貴一さん扮する主人公で、あまりに早計と思ったのが、この主人公の息子と、それから佐藤浩市氏が見受けしたぬいという女性でした。とりわけ、ネタばれになるので書きたくないのですが、主人公の息子の行為は、この映画の深みをおさえてしまったのではないかととても残念でした。”君にはとるべき別の道があるでしょう?”と、もし私が通りすがりになったら、おせっかいをしたくなりました。

 佐藤浩市氏のキャラは、たぶんこれは、”そういうことをすべて引き受けるためのキャラ”だと思いましたので、ん?と思うところがあっても納得できました。全般的に、中井貴一氏のキャラは、いつもながらに”できすぎくん”で、佐藤浩市氏のキャラは、斜め構えキャラ…かと。実際の性格がどんなかたがたかは存じ上げませんが、たとえば10の想いを、2か3くらい、それも変化球でしか表現しきれないような佐藤浩市氏のキャラに、惹かれます。この映画でも逆転はありえなかった二人のキャラで、その意味では適所適材だと思いました。

 それにしても、義とは何か…。家族のために生きるといったん決めたのであれば、いかなることもしょいこんで生き抜こうとすることではないかと思いました。また、もしも自分に守るべき人がいるならば、死に場所を見つけるよりも生き場所を見つけなければならないのではないか… そう思うと、ある一人の人の行動は…。

 ああ、ネタばれせずに書くのは大変です。…コメント部分はネタばれ配慮無しにして、もしかしたらそこに何か書くかもしれません…。

 浅田次郎氏の原作はいつか読んでみたいと思います。(というか、このお話、どこかで読んだ記憶が…) 

 義とは…。自分にとっての義とは…。と今も考えさせられ続けています。よい作品でした。

 この作品は、あるかたのご厚意で見ることができました。心から感謝いたします。

|

« 【読書】チャングム(1)宮廷編 | トップページ | 【映画】プラダを着た悪魔 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】壬生義士伝:

« 【読書】チャングム(1)宮廷編 | トップページ | 【映画】プラダを着た悪魔 »