« 【映画】サッド・ヴァケーション | トップページ | 【ドラマ】HERO »

【映画】HERO

 ライトで楽しい時間を過ごしてきました。映画「HERO」。・・・テレビドラマで有名なのだとか。映画を観終わって帰ってから、そういうドラマがあることを知りました。

 …なるほど、それで納得です。映画冒頭から、突然でてくる説明なき人々の動きにとまどったり、お話がはじまって30分以上?たってタイトル画面が出てきてびっくりしたり、途中のお話がどうしてもよくわからなかったりしたわけです。

 ぽっこり時間があいたところに、ちょうどタイミングよく上映されていた作品がこれだったのですが、それでも、久々に、体に力を入れることなく映画を見ました。映画というより、2時間ドラマみたい…と思ったのですが、この映画の背景を知ると、あながち間違いでもなかったようで。

 カジュアルな服装の型破り?検事役を木村拓哉がつとめ、彼を助ける事務官を松たか子、上司、同僚、先輩には、”トリック”でみかけた超常現象の大学教授や、児玉清らが。”対決相手”の弁護士は松本幸四郎。捜査に出かけた先の韓国で協力してくれる韓国のイケメン検事を、イ・ビョンホンが演じました。

 豪華キャストで、”通りがかりで肩がぶつかったことでキレて殴った相手が、倒れた時に頭を打ち、そのため亡くなってしまった”…傷害致死事件の裁判に望みます。ただ、その裁判には、別件である大物政治家(タモリ)にかかわる問題が関わっていて、大物弁護士(松本幸四郎)が弁護を引き受けるのです。

 どうやって”有罪を証明するか”…。そのため、検察側は韓国にまで証拠品探しにでかけるのですが、突っ込みどころいろいろで、また、肝心の?法廷シーンでは、特に後半の部分はあっけなさすぎ…という気がしました。ラストシーンもいただけません(これはあくまで個人的趣味の問題)…。が、韓国の情景など興味深かったですし、スペイン語と韓国語の使われ方が、よい小道具になっていました。

 木村拓哉さんって、さわやか系で素敵です。かなり若く見えたので、えーっと、司法試験に合格してから研修して、それから検事になって、その間に6年どこかにいって…。と計算していくと、なんだか計算があわない…と思うほどでした。

 医療刑務所の中にいた中井貴一演じるあの石垣島の人?(山口の人?…ちょっと記憶が不確か)は何なのだろう?…そこにいた女性検事は?…ほか、ドラマ未見でこの映画を見た人間にはちんぷんかんぷんのところがいろいろありましたが、まぁ、それは、気になるならばドラマを見るように…ということなのでしょう…というところで落ち着きました。

 たまには、こんな映画を見て過ごすのもいいなぁ…と、ふっと思った日曜でもありました。…最近、ちょっと疲れすぎなのかな?… 日韓のイケメンを眺めて、ふふっ☆と過ごしましょう♪…そんなかたにはお薦めです。

 追記*こんな本やサントラをみつけました。かなりポピュラーなのですね。このシリーズ。

映画のサントラCDもあって、そのジャケットからこの映画の雰囲気がわかるので、それをここに出したいのですが、なぜか個別リンクでだせなくて…。これらのどれかをクリックされたら、関連品のところにでてくると思います。…。並木道にずらっとならんでいるひとたちの写真です。

|

« 【映画】サッド・ヴァケーション | トップページ | 【ドラマ】HERO »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】HERO:

« 【映画】サッド・ヴァケーション | トップページ | 【ドラマ】HERO »