« 【映画】ヒューマン・トラフィック | トップページ | 帚木蓬生氏の講演会 »

【映画】かもめ食堂

 まさにヘルシンキの癒し…と感じる映画でした。劇場公開の時から、見てみたかった映画をやっとみることができました。「かもめ食堂」…。

 フィンランドのヘルシンキ。その街の小さな食堂「かもめ食堂」が舞台です。そこの店の主は小柄な日本女性サチエさん(小林聡美)。メインメニューはおにぎり。でも、お客さんはちっともきません。そこにやってきたお客さん第一号の青年からきかれた”ガッチャマン”の歌詞が縁で、図書館であった日本人女性を家にとめ、やがてお店も手伝ってもらうようになります。そのうち、また、荷物がなくなってしまった日本女性も加わり、その3人の日本女性と、店にじわじわとくるようになったお客さんで、静かなドラマが進んでいきます。

 ヘルシンキには、旅の中で、ほんのわずかしかいなかったのですが、それでも、そこで感じた、なんともいえないのびやかさと素朴さは、忘れ難いものでした。一国の首都なのに、ちっともそんな感じがなく、とても自然なのびやかさがあり、その街は歩くだけで、ほっと癒されました。

 この映画の雰囲気が、まさにその街の風を感じるもので、また、このかもめ食堂のインテリアが、まさに北欧のイメージで、白木に水色。そんな中で、いっきに癒され、見始めてそんなにたたないうちに、ストーリーと関係なく胸がいっぱいになって、涙がでてしまいました。映画自体のストーリーも、しみじみとして淡々として、まさに北欧のインテリアのイメージで。強引ではなく、でも、意志をきちんと通す、そんなサチエさんに惹かれながら、自分にとって大事なことって何かを気付かされるような、そんな映画でした。登場人物の描かれ方が、それぞれにとてもよかったです。いろいろな背景などは、わからないまま…ばかりなのですが、その、”そっとして触れない感”がよいのも…と思いました。

 この映画の中で、荷物をなくしてしまった女性が携帯電話をかける場面の、バックに見える白い大きな船シリヤラインで、昨年夏、まさにヘルシンキを訪れたので、その船旅のことも思い出し、彼女が電話をかけているあたり、市場、ほか、いろいろなところも、ああ…と、懐かしく思い出しました。が、そんな個人的旅行体験なくこの映画をみても、きっとほっと癒されたと思います。

 もともと、映画の舞台になったところが、自分が行ったことがあるところだから・・・とかそういうことには左右されない方なのに、こんなにこの映画に反応してしまったのは、なぜかと今も考え続けています。

   疲れたときに、また見たくなる、またインテリアを、この映画の中のように変えたくなる…そんな癒しのかもめ食堂でした。

(ヘルシンキの写真を追記しましたが、拡大すると、空の一部しか映らない…状態?になりますので、申し訳ありませんが、小さくしてご覧ください…)

Fh030007 Fh030015

|

« 【映画】ヒューマン・トラフィック | トップページ | 帚木蓬生氏の講演会 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】かもめ食堂:

« 【映画】ヒューマン・トラフィック | トップページ | 帚木蓬生氏の講演会 »