« 【読書】診療室にきた赤ずきん~物語療法の世界 | トップページ | クイーンのブライアン・メイ氏が博士に… »

【映画】ハリー・ポッターとアズガバンの囚人

 今日は、夏バテ休み。自主休業。”ハリー・ポッターとアズガバンの囚人”を見ました。

 映画館で観たことがある映画なのですが、かなり内容は忘れていましたし、「5」につなぐ復習の意味でレンタルしてきました。

 睡眠で中断すること4回。…とほ。またやってしまいました…。

 ただ、やっと自分なりに夢の世界にいってしまう理由の一部がわかりました。

 こういうファンタジーを見るときは、”安心して見ることができる映画を見る”という気持ちから、自分が脱力しているのです。 頭が疲れきっているときに、安らぎを求めてみてしまいますので、そのまま魔法にかけられて夢の世界へといってしまうのです。その流れがよく自分でわかりました。

 でも、これではいけません…と、”ダヴィンチ・コード”を見るときくらいに緊張して、睡眠をしっかりとった後に見ると、とてもおもしろくて、わくわくと最後まで見てしまいました。

 はられている伏線もよくできていたと思いますし、シリウス・ブラックはじめ、キャラクターが魅力的でした。私は、”あの先生”にほろろ☆ときてしまいました。

 ある人によると、「この作品が一番、いろいろな”ハリーの謎”がちゃんと明かされていく。ほかの映画は、宣伝文句ばかりで、”謎”が明かされていかない」とのこと。ふみゅ。

 「炎のゴブレット」は、本も未読、映画も未見。続きが知りたくなりました。 

|

« 【読書】診療室にきた赤ずきん~物語療法の世界 | トップページ | クイーンのブライアン・メイ氏が博士に… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ハリー・ポッターとアズガバンの囚人:

« 【読書】診療室にきた赤ずきん~物語療法の世界 | トップページ | クイーンのブライアン・メイ氏が博士に… »