« 【映画】不都合な真実 | トップページ | 沈埋トンネル »

【読書】トンネルものがたり

 子どものころ、大好きだった遊びが砂場遊びでした。家の庭に1メートル四方くらいの砂場があって、そこにそんなものを作ったはずの親は”よそからくるネコのトイレになってしまう…”と神経質になっていましたが、子どもの私はそんなことはおかまいなし。

 どれだけ砂に水を加えたら、よく固まるのか、どれくらい乾かせばよいのか、何をまぜたら強くなるか… そんなことをいろいろと試してひとり遊びしていました。

 そんなころのことを思い出すかのような本に出会いました。中身は、砂場でのトンネルつくりの本ではなくて、丹那トンネルをはじめとする鉄道トンネルの工事の歴史を書いた本ですが。工学書ではなくて、おはなしの本…序文に書かれているそのままにおもしろい本でした。

 ああ、また砂遊びがしてみたくなりました。

|

« 【映画】不都合な真実 | トップページ | 沈埋トンネル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】トンネルものがたり:

» 伊豆の土木遺産 [おじんのIT今昔]
久しぶりに伊豆を訪れた。 前回ははるか36年前で、愛車ファミリアクーペの後部座席 [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時15分

« 【映画】不都合な真実 | トップページ | 沈埋トンネル »