« 【映画】恋する神父 | トップページ | 【映画】ハリー・ポッターとアズガバンの囚人 »

【読書】診療室にきた赤ずきん~物語療法の世界

 むかしむかし、あるところに、お医者さんがいました。そのお医者さんは、かぜの人やおなかがいたくなった人をなおすのではなくて、朝なかなかおきられなくて学校に行けなくなった子どもや、地上げにあいそうになったおばあちゃんのおはなしをきいて、そんな人を助けてあげていました。

 そのお医者さんは、昔話が大好きでした。昔話の中にはいっぱいいろいろなヒントがあると思った彼は、いろいろな悩み事をかかえてくる人に、昔話をしてあげたり、昔話の本を貸してあげたりしていました。お医者さんのおはなしをきいた人は、「ああ、そうだったのですね」と、すっきりした顔になってかえりました。

 長い眠りからさめたように、学校に行けるようになった女の子もいました。王子様のキスがあったわけでもないのにふしぎだなぁ…?

 ねむりひめ、三ねんねたろう、幸福なハンス、ももたろう、赤ずきん、うらしまたろう、三びきのこぶた…

 それらの昔ばなしは、さてさて、いったいどんな人の心に届いたのでしょうか。興味をもたれたかたには、この本をお勧めします。ちょっと意外?な展開もありました。

 診療室にきた赤ずきん ~ 物語療法の世界   大平健著 新潮文庫

 *なお、昨晩から、プロバイダーのほうのメンテナンスがありました。コメント機能などが止まっていたかもしれません。ご迷惑をおかけしたかたがおられましたら、お詫びいたします。

|

« 【映画】恋する神父 | トップページ | 【映画】ハリー・ポッターとアズガバンの囚人 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】診療室にきた赤ずきん~物語療法の世界:

« 【映画】恋する神父 | トップページ | 【映画】ハリー・ポッターとアズガバンの囚人 »