« 【映画】ドーン・オブ・ザ・デッドとショーン・オブ・ザ・デッド | トップページ | 【映画】300(スリーハンドレッド) »

ワインの試飲&別れのワイン

 久々にワインの試飲を。用意されたのは6種類。

 白ワインが、Qba, カビネット、シュペットレーゼといった各等級のワイン(主に甘さが違います)と、貴腐ワイン、そして、アイスヴァイン。 それに赤はハンガリーのワインでした。

 それぞれに違いがはっきりとしていて、結局、シュペットレーゼ(ナーエ産、2005年)のくっきりした甘さとピリッと感じる舌ざわりが気に入って注文。

 それから、六種類のワインそれぞれに、ほんの一口、二口しか飲まなかったのに、日ごろほとんど飲むことはないため、すっかり酔ってしまって、ふらら~☆ はっぴぃ~☆となった頭で、ティスティングもなしに、2006年の貴腐ワインも注文。

 計半ダースのワイン。それも、自分が普段に飲むにはちょっと贅沢というワイン。これからどうしましょう。…こういうのをまさに酔ったいきおいというのでしょう。あー、お馬鹿>自分。

 私が初めてワインのことに興味を持ったのは、刑事コロンボの「別れのワイン」というお話でした。ノヴェライズを買って、TVでは紹介されきれなかった知識も読んで。

 刑事コロンボは、犯人がいつも何かの分野のスペシャリストだったので、刑事コロンボのノヴェライズ本、肩の凝らないミステリー本としてのだけでなく、私にとって、○○の入門書…的な訳をいろいろとはたしてくれていました。

 ほかにも「2枚のドガの絵」「ハッサンサラーの反逆」「ロンドンの傘」ほか…。

 ワインからの連想ゲームで、またいろいろと見たく&読みたくなりました。

 

|

« 【映画】ドーン・オブ・ザ・デッドとショーン・オブ・ザ・デッド | トップページ | 【映画】300(スリーハンドレッド) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワインの試飲&別れのワイン:

« 【映画】ドーン・オブ・ザ・デッドとショーン・オブ・ザ・デッド | トップページ | 【映画】300(スリーハンドレッド) »