« 【映画】プルコギ | トップページ | 【映画】遠い空の向こうに »

”テロリストのパラソル”の思い出

 作家の藤原伊織さんご逝去のニュースをインターネットでみかけてびっくりしました。お写真にイメージから、まだお若いと思っていましたので…。59歳でとのこと。早すぎる気がいたします。

 藤原伊織さんといえば、「テロリストのパラソル」が一番に思い出され、早速本棚に探しにいったのですが、あらら…。見つからず。文庫本だけで、前後3層になっている本棚もあるので、また時間をかけて探さねば…と思います。すぐに手にできないとなると、無性に読みたくもなるのが皮肉です。「テロリストのパラソル」で、記憶によみがえるのはなぜかその中にでてきた、ホットドッグ…なのです。

 マスターが作るホットドッグ。テレビドラマ化されたときには、それが実においしそうに思えたことも思い出しました。あれを見た当時は、しばらく、テロリストのパラソル風ホットドッグばかり作っていたことを思い出しました。自分でもおかしくなるような記憶がフラッシュバックしてきました。

 そろそろ日ざしが夏色になってきて、パラソルが必要なころとなりました。近年はやりの黒いパラソルはどうにも苦手で、やっぱり白系を選んでしまうのは、もしかしたらこの本以来のイメージなのかも…。

 

|

« 【映画】プルコギ | トップページ | 【映画】遠い空の向こうに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”テロリストのパラソル”の思い出:

« 【映画】プルコギ | トップページ | 【映画】遠い空の向こうに »