« 八人目の総理 晋ちゃんまんじゅう | トップページ | 【映画】バベル »

【雑誌】てんとう虫と南極と錯視

 …「てんとう虫5月号」。久々に充実している雑誌にめぐりあえて嬉しく思っています。充実…というのは、あくまでも私の興味のアンテナとあった…というだけなのですが。(また、おまけ?で送られてくる感覚ゆえのお得感もあってのことかもしれませんが・・・)

 特集はふたつ。まず、南極の特集では大陸クルーズ船ディスカバリー号の紹介が。なんとこの船がアメリカのテレビ番組「ラブボート」の舞台だったとは知りませんでした。その昔、深夜に放送されていたラブ・ボート… 船医さんが大好きで楽しみに見ていました。

 この南極クルーズでは、南極に関する講座も開かれ、日本語通訳のかたもおられるとか。いつかいつか…と、また夢がひとつできた気分です。

 また、「脳」についての特集も。今、脳科学者、茂木健一郎氏の本を読んでいたりして、ちょうど興味を持っていたところなので、まさにキンコン♪とページを開いてびっくりしました。脳についてのいろいろな蘊蓄あり、茂木氏と赤瀬原平氏の対談もあり。

 対談の中の茂木氏の言葉にこんなものがありました。

 …”人間の脳って、一生学び続けるんです。子供のような好奇心で学ぶことを忘れなければ、脳にワクワクが保たれる。…” 

 ワクワクを保とう♪と、妙に元気になれました。

 また、この特集の中で、すごい錯視をひきおこす”てんとう虫の回転”なる絵も発見。(40ページ)その他のページにも藤原定家氏、児玉清氏のことや、味わいのある鞄のことなどいろいろです。

 一般の書店ではみかけた記憶がないのですが、UCカードと提携している金融機関(都市銀行系に多いです)の待合にはたいていおいてあると思いますので、連休明けに銀行に行かれる用事があるときは、手にとられてみて…とおすすめしたいです。とりわけ40ページのてんとう虫の絵は、なぜにこんなに?? と、不思議でしかたありませんから・・・。

 …毎月、おもしろいところを切り取って(何ページもごっそりと破って…)そこだけとっているのですが、今月号は、このまま、夢がはたせる日まで?保存しようかと思っています。

 

|

« 八人目の総理 晋ちゃんまんじゅう | トップページ | 【映画】バベル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【雑誌】てんとう虫と南極と錯視:

« 八人目の総理 晋ちゃんまんじゅう | トップページ | 【映画】バベル »